Don't think. F E E L ! 大浦比呂志の五感で感じる暮らし

ネイチャーデコール主宰 建築デザイナー大浦比呂志のこだわりの世界観を、建築、インテリアの事例やライフスタイルにスポットをあてながら紹介して参ります。

パウダールーム

「ガラスモザイクタイルで統一した水周り」

ゆったりとした、バス&パウダールームを15ミリ角の白いガラスモザイクタイルで統一して仕上げた事例です。

画像1

画像1

画像1

洗面台〜バスルームの中まで、

壁面全体を天井部分まで使用してます。

洗面台はお馴染みの、大きなミラーの三面鏡。ミラーが扉になっていて、たっぷり収納量を確保しております。






画像1

画像1

ミラーの下も、収納の壁面まで、すべてガラスモザイクタイルで統一。

収納は、オープンの棚だけにして、そこに無印良品のラタンボックスをはめてるだけの、とてもシンプルでフレキシブルな収納です。






画像1

使用したガラスモザイクタイルはこんな感じ。

上品で飽きのこない、マーブル調の色目のタイルです。







「ちょっとシックなパウダールーム」

画像1

グリーンのガラスタイルを壁面全体に張りつめ、洗面台はゼブラウッドを使用。
木部の色調を合わせた、ミラーキャビネット。
モダンでシックなデザインのパウダールームです。

「懐かしさもある洗面台」

画像1

この洗面台は黒い人研ぎで、オリジナル製作したものです。人研ぎとは、セメントに大理石と顔料を練り混ぜて塗り、その上からグラインダーで研ぎ出して仕上げていく、100%手作業の仕上げです。昔の小学校によくあった水飲み場にあったアレです。
画像1

今では人工大理石やタイルが主流で、手間の掛かるこの仕事をする職人さんも少なくなってきました。
この二つの事例は、昔ながらの手業を個人邸で実現したものです。パウダールームのイメージは共に、モダンなアジアンリゾートSTYLEで表現しています。

「素材を繋げて…」

画像1

「素材を繋げて…」
パウダールームとバスルームに一体感と広がりをもたせたい、そんな時によくやる手法として、素材を繋げる…という事。
この事例では、壁に鮮やかなグリーンのガラスモザイクタイルを、天井に水に強いチーク材を濃いめに染色したもの、更に間接照明もパウダールームからバスルームまで通して使用し、それぞれが同一の空間に見えるようにデザインしました。その場合、間仕切りも透明テンパライトガラスなどで
見通しを効かせるものがお勧めです。

「パウダールーム

画像1

ミラーキャビネットと収納棚のデザインを造作で統一した、パウダールームです。
素材はオーク材にサンダーの削りあとを残し、そこにペイントが引っかかっていくようなエージングによるシャビーな仕上げにしました。洗面台の天板はモルタル金鏝ウレタン塗装仕上げです。

「ちょっとハイグレードなバスルーム」

画像1

「ちょっとハイグレードなバスルーム」
バスルームとパウダールームを透明のテンパライトガラスで繋げて広がりと一体感をもたせました。天井も濃いめのチーク材で統一しました。ラグジュアリーなホテル仕様の水まわりを演出した事例です。
プロフィール

大浦比呂志

数々の有名デザイン事務所で店舗デザイン、個人住宅建築、インテリアデザインなどに幅広く携わる。
1994年にネイチャーデコール(大浦比呂志創作デザイン研究所)を設立。
「人にやさしい 自然体の暮らし」というコンセプトをもとに、
独自のテイストで注文住宅を数多く手掛ける。
「自分らしく、自然 体でいられる豊かな生活」「五感に訴える空間づくり」を提案。

ギャラリー
  • 「インテリアも整い、竣工撮影!」
  • 「インテリアも整い、竣工撮影!」
  • 「インテリアも整い、竣工撮影!」
  • 「インテリアも整い、竣工撮影!」
  • 「インテリアも整い、竣工撮影!」
  • 「インテリアも整い、竣工撮影!」
  • 「インテリアも整い、竣工撮影!」
  • 「インテリアも整い、竣工撮影!」
  • 「インテリアも整い、竣工撮影!」