Don't think. F E E L ! 大浦比呂志の五感で感じる暮らし

ネイチャーデコール主宰 建築デザイナー大浦比呂志のこだわりの世界観を、建築、インテリアの事例やライフスタイルにスポットをあてながら紹介して参ります。

階段

「階段の落下防止に、コレ!おすすめです」

以前からよく設計し終わったあとに、オーナーさんに聞かれることがあります。

それは、デザイン性の良い階段や手すりをデザインしたものの、
やはり子供が小さなうちは危険なので、せめてその間だけでも、なにか対処出来ませんかね、、
確かに自分でもそこまで考えて提案できてなかったので、正直困ってしまった、
そんなケースがありました。

家が完成してから子供ができ、そういった生活サイクルに合わせた提案というものは、
設計者としても、とても重要な事ですね。

そこで、これはオーナーさんが自ら時間と手間をかけて実際に行った
「手すり落下防止用ネット」のビフォーアフターです。


まずはビフォー
こんな感じで、オシャレなライフスタイルを行っていました。
設計段階では、この二階から、正面の大きな白壁にプロジェクターで
投影した映画を観たりするために、抜けの良い手すりは必須でした。





そしてアフター
ネットを装着後。
ほとんどネットの違和感も無く、ピーンと綺麗にネットが張られています。
ネット自体もかなり丈夫で、子供が触れても大丈夫、との事です。

子供がまだ小さいうちだけの、一時的なものと考えれば、美観的にも気になりませんね。

そして、たるませない様に、ぴったり寸法で張っていくのがポイントの様ですが、
ロープで固定していくので、手すりに傷を付けない、と言うのが良いですね!

詳しい取付け方法はこちらから→http://crossmodelife.com/2014/02/01/5142/




美意識の高いオーナーさん、
決して生活感を出さず、空間を演出している、こだわりを感じますね ^_^

オーナーの「Kさん」貴重な情報提供を
ありがとうございます!





最後に、、、

こんなケースのデザインの場合は、
まだ対策が見えてません、(汗)

どなたか、なにか良いアイデアがあれば、教えてください!






「階段デザインも色々 2015年編」

昨年2015年は、その家のテーマに合わせた、色々なデザインの階段を製作しました。
階段をひとつとっても、デザインは無限ですね。
階段は単に実用としてのものではなく、
その家を印象付ける、大切なデザインエレメントなんです。

2015年に製作した、階段デザインのバリエーションを何軒かのお宅から紹介します。


1   八ヶ岳山荘






2   秋谷リゾートハウス








3  鎌倉雪の下 モダンサンタフェの家





4   藤沢鵠沼 二世帯住宅







5  世田谷 東玉川の家



デザインって、本当に面白いっ!

階段デザインが違えば、床や壁の素材も
変わり、光の取り込み方も、
階段の設置位置によって変わる。


2016年ももっともっと、面白いこと
企んでいきます。








「今日は階段の組み立て」

藤沢、鵠沼で進行中の二世帯住宅。
木工時もそろそろ完成間際、、
12月の竣工〜引渡しに向けて、
いよいよ仕上げ工事に入ってきます。


親世帯も子世帯もそれぞれに特徴を
もたせた二世帯住宅なので、
延べ床面積60坪強の、仕上げもボリューム感があります。
年末に向けての慌ただしい工事が
いまから予想されます。。(汗)







そんな中、今日は階段の組み立ての日。

二世帯の共用のエントランスに取付く
この階段は、単に機能としてのものだけでなく、エントランスの開放性と誘導される期待感、そして、ひとつのオブジェにも見える存在感をデザインに求めました。

吹き抜けに光を取り込む大きなガラスブロックにシンプルなフォルムがマッチしています。






片側の鉄骨のフレームをまずしっかり固定し、手すりの付いた右側の部分は、
フリーに動く様にしながら、
上から一段一段、段板を鉄骨の溝に入れていきます。






そして、3人がかりの組み立てが終わり、
こんな感じのスケルトンの鉄骨階段になります。

手すりは、重苦しくなら無い様に、
この鉄骨のフレームに、ワイヤーが通るだけの軽い印象にしています。

またひとつ、階段デザインの
新しいバリエーションが加わりました。





「この感じ、やっぱ好きだな〜」

いよいよ引渡しまで残すところあと、一週間をきった、
「鎌倉の家  The Santa Fe!」

最近、このSanta Feスタイルというオーダーが時代の流れなのか
少なくなってきましたが、Santa Feスタイルの草分け、
元祖のネイチャーデコールとしては、やはりこの世界観、大好きです!

こんなに大らかで包み込まれるような空間は、
モダンでスタイリッシュなものに比べて、心の底から落ち着きます。

JPG
高天井の玄関ホールのトップライトからは自然光がサンサンと差し込みます。

太い丸太の梁からは、ロートアイアンのシンプルなシャンデリアが、

存在感のある、古材で製作したオリジナルのドア、

素焼きのテラコッタタイルと肉厚な珪藻土の壁。もう鉄板ですね!









そして、The Santa Feの階段を少しだけ紹介します。
JPG

JPG

JPG

JPG

有機的な大きなアールが緊張感を解き放してくれます。

ロートアイアンの手すりが珪藻土の壁に取付きました。


外観やインテリアの詳細は、また後日 紹介します。











 

「階段デザインも様々」

家のデザインが違えば、当然その家のエレメントとなる、
階段のデザインも家のデザインに合わせて変わってくるもの。

今、ほぼ進捗状況の近い現場、「鎌倉の家」と「八ヶ岳の家」の階段のデザインを
途中段階ではありますが、少しだけご紹介します。 


「鎌倉の家」の階段
写真 1

写真 2

この家は「サンタフェデザイン」がテーマです。

階段の踏み板には古材を使用してます。

そしてまだ下地の状態ですが、蹴上げの部分や手すりの壁の部分には
こってり厚塗りの左官が塗られます。

スタートのアールのところがまだいまひとつダイナミックさに欠けてるので、
もっと大きなアールを描くように下地を作り替えてもらうよう指示しました。

この内側には、ロートアイアンの手すりが取り付きます。








「八ヶ岳の家」の階段
写真 3

写真 4

「エクレクティック(折衷)」がテーマのこの家は、
自然素材を使いながらシンプルで色々なデザイン要素がミックスされた家です。

この家では壁から持ち出しの階段板を細いスチールの手すりで
つないだ、スケルトン階段をデザインしました。

階段の踏み板にはオーク材、スチールは素地を生かした黒皮の仕上げです。



この対照的なデザインの階段。

どちらも、魅力的な家になりますよ。

また、進捗を紹介しますね。







 

「螺旋階段のエントランスホール」

約8帖のエントランスホールに広がりを見せる為に、
抜けの良いスチールの螺旋階段を設けた事例です。

床は玄関のたたき部分からホールまでを
同一素材で統一させ、フロアが自然に繋がる様に見せてます。
たたきの立ち上がり部分も柔らかなアールを用いて、
螺旋階段同様に極力直線のラインを排除したデザインになってます。







そして、正面の大開口折れ戸を開けると、ワイド2400㎜の間口で、
四季を感じる中庭へと繋がります。

ネイチャーデコールではお馴染みの、
玄関前のピクチャーウインドです。
正面のレンガ風壁、実はお隣の外壁を
借景にさせていただいてます。

この4帖程の小さな中庭ではありますが、
空間の奥行き感にプラスして、
ライトコートとしても、エントランスホールに自然光を運んできてくれる役割があります。
この東側の光がとてもありがたい!






エントランスホールには、
間口1800㎜ 高さ2100㎜のたっぷり収納の
シューズボックスを造作しました。

シンプルなエントランスに打って変わって、コッテリとした面材にグレーッシュ
な独特なエージングで仕上げてます。

このミックス感が、ネイチャーデコール流デザインですね。





「二世帯住宅のエントランスまわり」

二世帯住宅のエントランスまわりについて、
3年程前に竣工したお宅の事例からの見所を紹介します。
この家は完全分離型の二世帯住宅で、
延べ床面積約100坪というかなり大型の計画でした。


ファサードはネイチャーデコールらしい、アイアンのオリジナル門扉で
迎えてくれます。

二世帯分のそれぞれのインターフォンとポストが設置されています。

ファサードのホールは高い天井と天井からのアイアンのシャンデリアが象徴的です。






回廊の様な長いアプローチを歩き、
玄関まで誘導されます。






玄関のドアは共用で、一枚ドア

重厚な木製オリジナルドアは、
濃い目に染色した古材に、鉄の鋲を打ち込んだ、ワイルド感溢れるデザインにしました。






ドアを開けると、2.5帖程のシューズストック、
そして、天井吹抜けのエントランスホール。ホールの広さは8帖強でファサードと同様、
天井からはアイアンのシャンデリアがインパクトをもたせてます。

このエントランスホールまでが、共用のゾーンとなっており、
デザインされたモダンな階段で上下左右に独立した二世帯空間があります。

そして共用ゾーンのもうひとつの目玉としては、このエントランスホールから直接、
庭にアクセス出来ることです。

間口2500mmの大開口折れ戸を開くと、
この広いエントランスホールが更に、
外へと繋がり、開放的でリゾート感溢れる、非日常な世界へと広がります。





二世帯共用の庭は、大きな屋根のある
カバードテラスと芝生のゾーンとで構成されていて、雨の日でも外の空気を感じられる、
このカバードテラスはとっても重宝されている様です。

家族皆でのBBQや仲間を大勢集めての
ホームパーティが多いこの家では、
この庭で過ごす時間が多いそうです。

程よい距離感のある、二世帯住宅、
「生活を楽しむための家」。
参考にしてください。





「ヨーロピアン.シックな階段」

シンプルで奇をてらわない、
しかし、シックで上品なヨーロピアンSTYLEの階段事例を紹介します。

画像1

画像1

画像1

ステップ一段目を幅を広げて、アールをとりました。
ステップの踏板の鼻面の部分もアールに加工してあります。







画像1

画像1

画像1

階段室の壁も階段の蹴上も塗装で仕上げてます。
色はグレーで、一面だけアクセントで濃いめのグレーでペイント。
ロートアイアンの手すりが、ヨーロピアンテイストを醸し出してます。

このシンプルな階段デザインがリビングのポイントになってます。






「階段のデザイン」

画像1

「階段のデザイン」
階段の照明って結構難しいですよね。
この事例では、シンプルなオークの手すりに下へ向けて間接照明を仕込み、足もとの照度を確保しながら、壁面を柔らかい光で演出しました。壁からの方持ちのオーク材の段板もこの階段の特徴のひとつで、モダンで軽やかな印象をあたえます。階段下の部屋にはこの家のアクセントカラーのパープルを壁面全体にペイントしました。
毎日がワクワクする様な階段が出来上がりました。

「階段が家の中心に」

画像1

「階段が家の中心に」
まるで階段が主役の様な御宅の事例です。
家の中心に階段をレイアウトして、それ自体がステージでありオブジェの様でもあります。踏板も蹴上も同一のオーク材をライムワックス塗装で仕上げ一体で繋がっているデザインです。手すりはアイアンで黒皮素地仕上げ、階段の先にはこの御宅のアクセントカラーを配置してます。上に上がる楽しみと期待感をもたせてます。

「階段に遊びを」

画像1

「階段に遊びを」
日常の普段使いの階段に、イラストを添えて遊んでしまいました。
以前、釣堀を営んでたオーナーの思い出を再現しつつ、各段ごとに釣り糸を垂れる可愛いイラスト、最上段では犬や猫のペット達がその様を見届けてる様子を表しました。ちょとしたアイデアでお家が楽しくなりますねー。

「墨田区 スカイツリーの見える家 引渡し」

画像1


墨田区で建設中の「スカイツリーの見える家」が無事完成し引渡が行われました。
狭小立地でのこの建物は、螺旋階段で縦に広げた三階建です。
吹抜けの開放的な玄関ホール。
正面の壁には、ヨーロッパの古城をイメージした擬石で天井まで仕上げました。
ディズニーランドなどで目にする、あの技法を住宅で取り入れてます。


画像1


螺旋階段を登り切ると、正面には暖炉風のガスストーブがあり、3階部分にLDKをもってきました。
風の流れ、一日中射し込む自然光、勾配天井を生かした、高い天井。
三階のLDKは正解でした。

都心でありながら、リゾートを感じる。
そんな空間です。

プロフィール

大浦比呂志

数々の有名デザイン事務所で店舗デザイン、個人住宅建築、インテリアデザインなどに幅広く携わる。
1994年にネイチャーデコール(大浦比呂志創作デザイン研究所)を設立。
「人にやさしい 自然体の暮らし」というコンセプトをもとに、
独自のテイストで注文住宅を数多く手掛ける。
「自分らしく、自然 体でいられる豊かな生活」「五感に訴える空間づくり」を提案。

ギャラリー
  • 「インテリアも整い、竣工撮影!」
  • 「インテリアも整い、竣工撮影!」
  • 「インテリアも整い、竣工撮影!」
  • 「インテリアも整い、竣工撮影!」
  • 「インテリアも整い、竣工撮影!」
  • 「インテリアも整い、竣工撮影!」
  • 「インテリアも整い、竣工撮影!」
  • 「インテリアも整い、竣工撮影!」
  • 「インテリアも整い、竣工撮影!」