Don't think. F E E L ! 大浦比呂志の五感で感じる暮らし

ネイチャーデコール主宰 建築デザイナー大浦比呂志のこだわりの世界観を、建築、インテリアの事例やライフスタイルにスポットをあてながら紹介して参ります。

パウダールーム

「セニピエールで天板を仕上げました」

洗面台の天板を決めていく場合、
タイルだったり人工大理石、または石や木など色々と選択肢はありますが、
今回使用したのは、これ!

フランスの素材「セニピエール」

鏝を使い、最後に蜜ろうワックスでムラ感を加減できる素材なので、
人工的になり過ぎず、人の手跡を感じられる素材として、個人的にはとても好きな素材の一つです。






今回の現場では、この洗面台以外にも、
造作家具のドレッサーの天板にも、
使用しております。

石灰石、粉末セメント、粉末大理石等が主成分の素材のため、どうしても若干のクラックがおきやすい材料ではありますが、この表情は人工大理石などでは味わえないものです。

硬化するとかなり硬く丈夫ですので、
油を使用したりしない場所での、天板などにも良いマテリアルです。
油染みなどあまり気にしない、という方であれば、キッチンの天板に使用しても、なかなか素敵だと思います。
最後に蜜ろうワックスでコーティングして仕上げていくので、油染みもそのまま放置しなければ、ある程度の使用には耐えられるでしょう。














「和を感じる浴室回り」

最近バス回りの提案で増えてきているのが、「和」を感じる浴室回り。

やはり日本人ですね〜 「和」を感じるお風呂は癒されるものです。

特にひのきの香りを楽しみながらのバスタイム、これは良いものです! 

今回は、先日お引き渡しをした、八ヶ岳山荘での事例を紹介します。

JPG

JPG
静かな別荘地の中のこの家は、お風呂もこのように温泉旅館の様。

W.1300 H.1500の引き込みサッシュを開口すると、
大きく外と繋がり、まるで露天風呂の様でもあります。

奥行きを持たせた出窓に設えた開口部からは緑が溢れています。







JPG

壁はひのきではじめのうちは塗装をせず、数年間はひのきの香りを楽しみ、
水染みが気になり出した頃に、色と塗膜をつけることにしました。

床と浴槽には、十和田石を使ってます。
十和田石の特性は以前にもこのブログで紹介しましたが、
やはりなんといっても、滑りにくく、足の裏にきゅっと吸い付くような足触りでしょう。
それを浴槽の中まで貼り込んでいるのが、とても贅沢な印象を与えます。

透明のテンパライトガラスで洗面所と繋がってきます。








JPG
JPG

洗面所も浴室同様、ヒノキの壁に十和田石の床で同じ仕上げになってます。

今回使用した洗面台のトップは、傷の付きにくい人工大理石で
「クォーツ人造石」というものを採用。
それは、どうしても天板に濃いシックな色味を持っていきたかったので、
傷が目立ちにくい材料は、、と探したところ行き着いたのが
この「クォーツ人造石」でした。

極力余計な装飾を排除して、この間接照明と素材感、
そしてシンプルで上質な衛生陶器でまとめたのがこの洗面スペースです。


「和を感じる浴室回り」は現在マイブームなので、
しばらく事例として増えてくる予感です。(笑)
















 

「カラフルタイルで水回り爽やか」

バスルームと洗面所を三色パターンの色鮮やかなタイルで爽やかに演出しました。
天板も壁も巾木部分も、ブルー系とグリーンの100角タイルで仕上げました。

白い目時は、カビの発生を抑える防カビ抗菌目地を使用。




透明の強化ガラスをバスルームと洗面所の仕切りに使用し、壁がそのまま繋がる様に広がり感を演出しました。





 ボリューム感のある、シャビー仕上げの古材をフレームに回したメディスンキャビネットもデザインした造作品です。





オーク古材のシャビー仕上げの引出し、
取手もそれに合わせて、セレクトしています。

巾木もこの様に、三色パターンのタイルで合わせています。


こんな水回り、
毎日のバスタイムが楽しみになってしまいますね〜

「研ぎ出しの天板 作りました」

確か昔、小学校のグランドの片隅の水飲み場にあった様な、
レトロで懐かしい感じがします。

研ぎ出し天板の洗面台を作りました。

この洗面台は、天板だけでなく立ち上がりや側面もすべて研ぎ出しで仕上げてます。

これは、現場作業で研ぎ出しを行ったのですが、やはり埃が凄い!
あたり一体が、研ぎ出されたモルタルや石粉で真っ白になってしまうため、しっかりとした現場養生が必要です。

仕上がりはこんな感じで、天板に傷や汚れも気にせず、タフに使える点は良いですね。





「ガラスモザイクタイルで統一した水周り」

ゆったりとした、バス&パウダールームを15ミリ角の白いガラスモザイクタイルで統一して仕上げた事例です。

画像1

画像1

画像1

洗面台〜バスルームの中まで、

壁面全体を天井部分まで使用してます。

洗面台はお馴染みの、大きなミラーの三面鏡。ミラーが扉になっていて、たっぷり収納量を確保しております。






画像1

画像1

ミラーの下も、収納の壁面まで、すべてガラスモザイクタイルで統一。

収納は、オープンの棚だけにして、そこに無印良品のラタンボックスをはめてるだけの、とてもシンプルでフレキシブルな収納です。






画像1

使用したガラスモザイクタイルはこんな感じ。

上品で飽きのこない、マーブル調の色目のタイルです。







「懐かしタイルの洗面所」

画像1


スティックタイプのこの色味。
どこか懐かしい、レトロチックなタイルで仕上げた洗面所。

焼き物の陶器のシンクに、
水栓は機能的でモダンなデザインのものを合わせてます。



画像1


洗面台の全景です。

お馴染みのメディスンキャビネット。
ミラーの裏側が奥行の少ない収納になっていて、化粧品や歯ブラシ、シェーバーなどが収納出来ます。背面からの間接照明の柔らかな光も効果的です。

そしてキャビネットの扉は、古材(バーンウッド)プレーナー掛けWAXフィニッシュ。





「洗面所にアクセントカラーを」

画像1

「洗面所にアクセントカラーを」

洗面所の壁に一面、アクセントカラーのグリーンを配した事例です。

下部はオープンの棚で、既製品のラタンボックスをきれいに揃えて収納にしました。

扉を付けたり、引き出しにしたりと、造作収納にするよりも、安価でフレキシブルに対応出来る、と言った利点があります。

「ちょっとシックなパウダールーム」

画像1

グリーンのガラスタイルを壁面全体に張りつめ、洗面台はゼブラウッドを使用。
木部の色調を合わせた、ミラーキャビネット。
モダンでシックなデザインのパウダールームです。

「バスルームからバスコートが」

画像1

バスルームに外を眺める大きな窓を付けて
、バスコートを計画しました。
お風呂に入りながら、外の景色を楽しみ、明るい時間帯では自然光を、夜は外のライトで幻想的で非日常を体験出来ます。
バスコートには、珊瑚石(コーラルストーン)を壁全体に貼り、バスルームの壁には水に強いチーク材を濃いめに染色して貼ってます。全体的に、アジアンリゾートなイメージでまとめたものです。


画像1

こんなバスルームには、同じくアジアンなテイストで、濃いめのチーク材を天板にしたり、バンブーを編み込んだ網代などで、洗面台の扉を作ってしまうと、水回りの統一感が図れます。

「懐かしさもある洗面台」

画像1

この洗面台は黒い人研ぎで、オリジナル製作したものです。人研ぎとは、セメントに大理石と顔料を練り混ぜて塗り、その上からグラインダーで研ぎ出して仕上げていく、100%手作業の仕上げです。昔の小学校によくあった水飲み場にあったアレです。
画像1

今では人工大理石やタイルが主流で、手間の掛かるこの仕事をする職人さんも少なくなってきました。
この二つの事例は、昔ながらの手業を個人邸で実現したものです。パウダールームのイメージは共に、モダンなアジアンリゾートSTYLEで表現しています。

「素材を繋げて…」

画像1

「素材を繋げて…」
パウダールームとバスルームに一体感と広がりをもたせたい、そんな時によくやる手法として、素材を繋げる…という事。
この事例では、壁に鮮やかなグリーンのガラスモザイクタイルを、天井に水に強いチーク材を濃いめに染色したもの、更に間接照明もパウダールームからバスルームまで通して使用し、それぞれが同一の空間に見えるようにデザインしました。その場合、間仕切りも透明テンパライトガラスなどで
見通しを効かせるものがお勧めです。

「パウダールーム

画像1

ミラーキャビネットと収納棚のデザインを造作で統一した、パウダールームです。
素材はオーク材にサンダーの削りあとを残し、そこにペイントが引っかかっていくようなエージングによるシャビーな仕上げにしました。洗面台の天板はモルタル金鏝ウレタン塗装仕上げです。

「ちょっとハイグレードなバスルーム」

画像1

「ちょっとハイグレードなバスルーム」
バスルームとパウダールームを透明のテンパライトガラスで繋げて広がりと一体感をもたせました。天井も濃いめのチーク材で統一しました。ラグジュアリーなホテル仕様の水まわりを演出した事例です。

「カラフル洗面台」

投稿写真

「カラフル洗面台」
海をイメージした、リゾート感のあるパウダールームでは、ブルーを基調に何色かのタイルのグラデーションで天板を仕上げました。
そんなカラフルタイルに乾いた古材のミラーフレームとキャビネットで質感の対比を楽しんでます。


プロフィール

大浦比呂志

数々の有名デザイン事務所で店舗デザイン、個人住宅建築、インテリアデザインなどに幅広く携わる。
1994年にネイチャーデコール(大浦比呂志創作デザイン研究所)を設立。
「人にやさしい 自然体の暮らし」というコンセプトをもとに、
独自のテイストで注文住宅を数多く手掛ける。
「自分らしく、自然 体でいられる豊かな生活」「五感に訴える空間づくり」を提案。

ギャラリー
  • 「インテリアも整い、竣工撮影!」
  • 「インテリアも整い、竣工撮影!」
  • 「インテリアも整い、竣工撮影!」
  • 「インテリアも整い、竣工撮影!」
  • 「インテリアも整い、竣工撮影!」
  • 「インテリアも整い、竣工撮影!」
  • 「インテリアも整い、竣工撮影!」
  • 「インテリアも整い、竣工撮影!」
  • 「インテリアも整い、竣工撮影!」