Don't think. F E E L ! 大浦比呂志の五感で感じる暮らし

ネイチャーデコール主宰 建築デザイナー大浦比呂志のこだわりの世界観を、建築、インテリアの事例やライフスタイルにスポットをあてながら紹介して参ります。

メディア

「雑誌掲載のお知らせ」

「スタイルで選ぶインテリア」 朝日新聞出版から2月20日発売の本に
ネイチャーデコールの事例が、8ページに渡り掲載されました。

「北欧」「フレンチシック」「モダン」「ナチュラル」「カフェ」「アジアン」
といった、インテリアのスタイル別のカテゴリーで紹介している、
「インテリアのことはじめ本」です。

その中の「フレンチシック」のスタイルのルールで、
紹介されたのは、この事例、「COZYな時間のながれる家」です。 

1
2

4

5

住宅というよりインテリアにスポットをあてた本ですが、
細かなディティールやコーディネートをわかりやすく説明している、
デザインの入門編のような構成になってます。

「フレンチシック」「シャビーシック」などのキーワードに
ご興味のある方は是非、ご覧になってください。









 

「雑誌掲載のお知らせ」

別冊 住まいの設計 MY HOME 100選
今回も掲載していただきました。

特集コーナー、「小さなお店のある家」
こだわりの小さなカフェを併設した、
二世帯住宅です。

カラー8ページで掲載されています。

お店も家も庭もインテリアも、
トータルでネイチャーデコールの
世界観が表現された家です。

「小さなお店のある家」
いえみせ派には、憧れのキーワードですね。

来年着工の千葉、鴨川の海見えのロケーションで計画している、
セカンドハウス&カフェ、サロン併設の家。
先日、オーナーさんにこのカフェをご案内して行っていただきました。
隣接した公園を借景に取り込んだカフェでは、
手作りのケーキ、厳選したコーヒーそしてご主人がセレクトした
インテリアミュージック。。
そんな全体感にすっかり癒され、日頃は慌ただしいご主人もその空間に
融け込んでしまったようです。(笑)
 

ぜひご覧ください。




「雑誌掲載のお知らせ」

扶桑社から発売されている
「住まいの設計」2016年1-2月号に、
ネイチャーデコールの家が紹介され、
出版社から掲載誌が届きました。

今回のテーマは「家と庭の素敵な関係」
新しく生まれ変わった、
横浜市青葉区の「S邸」が、6ページにわたり紹介されています。


この家は「生活の変化や子供の成長に合わせ、自分らしい色に染めていける、余白のある家」がテーマでした。

完成して15年近く経過しますが、
計画当初は予算の関係もあり、庭造りまで十分な費用を掛けることが出来ませんでした。

それが、満を持してようやく念願のコンサバトリー付きの庭を、
ガーデンデザイナー「ガーデン&ファニチャーズ 」長谷川祐二さんの手により実現されました。

流石に長谷川さん。なんの違和感も無く、夢のあるコンサバトリーを今までのリビングと見事に繋げてくれました。

それにより、生活にゆとりと、奥行き感が生み出されました。

家は進化し暮らしと共に成長するもの。
そんな事を感じさせる事例です。

是非、ご覧ください‼︎






「雑誌掲載のお知らせ」

扶桑社から発売されている
「住まいの設計」創刊55年記念号にネイチャーデコールの家が紹介され、
出版社から掲載誌が届きました。

今回のテーマは「イヌやネコと一緒に暮らす」
横浜市青葉区の「O邸」が、3ページにわたり紹介されています。 

 JPG
JPG

誌面からは、犬と暮らす家族の楽しさが伝わってきます。

是非ご覧下さい!




あなたは犬派? 猫派?
ネイチャーデコールのオーナーさんはやはりペット好きが多いですね〜
犬派、猫派どちらもいますが、どちらかというと犬派が多いでしょうか。

我が家は大型犬、犬派です(笑)

最近は自宅での 設計打合せが多いのですが、
犬は、犬好きの人を見分けるアンテナが敏感で、この人は甘えさせてくれそう〜と
目をキラキラさせています。 

JPG



JPG
そして、こちらが挨拶するより早く玄関に飛び出し、
お客さんのスリッパをくわえて、
「ほら〜スリッパ持ってきたよ〜」と、大歓迎する始末です、、

これ、毎度恒例の事となってしまってるんですが、
なかなか、犬のうれしさいっぱいの感情を抑えることは難しいです、、(汗) 


皆さんには、ごめいわくをお掛けしますが、この場を借りて、
おわびいたします。。





















 

「雑誌撮影が行われました」

今日は猛暑の中、雑誌の撮影が行われました。
お世話になっている、扶桑社さんのハウジング誌「住まいの設計」です。

今回のテーマは、「ペットと楽しく暮らす家」。
そこで愛犬家のオーナーでホワイトシェパードを飼われている、横浜市青葉区のO邸での撮影でした。


「犬にとっての快適な家とは?」という質問。。
人において個対応で考えていく様に、
犬もまた同様で、犬種、キャラクター、飼い主との距離によって、その快適さのアプローチも様々。

まずは十分なヒヤリングとリサーチから
入っていくのは、人の暮らしも犬の暮らしも一緒ですね。^_^

発売は、9月27日との事。お楽しみに!




「BS朝日"辰巳琢郎の家物語"で放映されます!」

BS朝日のリモデルの番組「辰巳琢郎の家物語」で、WORKS地中海の白い家が出ます!

そして今回はなんと、番組初!2週間連続スペシャル企画となり、
4月11日(土)と4月18日(土)の二回に分けての前編、後編が放映されることとなりました! 

「家は人生のステージです!」と常日頃からお話しさせて頂いてますが、
家を通した、ご夫婦の感動秘話が随所に感じとれる、そんな内容です。

◯タイトルは、「ミシュラン2つ星を持つ鮨職人の白いギリシャ風の家」


是非、ご覧になって下さい!


詳しくはこちらから → http://www.bs-asahi.co.jp/tatsumi/index.html


テレビ

2




「雑誌掲載のお知らせ」

エフジー武蔵社から発売されている、
「DEUX  STYLE」vol.04に事例が掲載され、出版社さんから雑誌が届きました。

今回は「わたしの好きなMy Homeidea 100」
という巻頭特集コーナーです。

この雑誌は、「共働き夫婦の素敵な住まいと暮し」というコンセプトの雑誌で、
今回取材を受けたN邸も、ご夫婦とも
仕事を持つ、そんな環境のお宅です。






中身もしっかり、4ページでご案内
頂きました。

仕事を家に持ち込む事の多いオーナーの
要望でSOHOをLDKの中心に持ってきた、そんな面白い間取が特徴の家です。

是非、ご覧くださいませ。






「私の考えるリノベーションとは」

扶桑社から発売されている「住まいの設計」2015年1〜2月号に事例が掲載され
出版社さんから雑誌が届きました。

今回は、「マジックリノベーション」というテーマで、
2013年7月に完成した、リノベーションのお宅が取材されました。

1

2

今回のお宅は、1階がオーナーさんの経営される店舗で
その2階、3階の住居部分で大がかりなリノベーションを行いました。

1階はなんと、ミシュラン・二つ星のカウンター8席だけの、こだわりのお寿司やさん。

そしてガラッとイメージを変えた住居部分は、オーナーさんの強い希望で、
テーマは「地中海の白い家」 
これが「和」では無いんですね〜(笑)

オーナーさんは、今までの色々な想いがあって、
ようやくこのリノベーションに漕ぎ着けた様です。










3

4

5

6

最近 新築の住宅以外にも、こうしたリフォームやリノベーションのご相談も増えてきました。

しかし、残念ながら壁紙を貼り替えたり、水回りを新しくしたり、
収納を整理したり、ある一室だけを綺麗にしたい、、、
といったご相談は私どもにはふさわしくなく、むしろ町場のリフォーム屋さん
などに相談された方が、的確かと思います。


この取材の時にも聞かれたことが、「建築家の考えるリノベーションとはなにか?」

他の建築家の方々も色々なアプローチや差別化を図り
皆さんお考えのことと思いますが、

私の提案するリノベーションの一番のメリットは、こうです。

単に使い勝手を整理する、古くなったモノを新しくする、
コストを抑える為に新築ではなくリノベーションで... 
といった物理的な事ではなく、
「生活スタイルの再構築」、といったライフスタイル全般を見直し
生活に新しい喜びや発見を得るためのリノベーションです。
 
同じ床面積、同じ開口部からの光の差し込み、
リノベーション故新築と違って変えられない制約が勿論あります。
だからこそ、それが私の提案によって、その制約から解放され、
様変わりしたアフターの生活が、今までと変わってきます。
 
聴く音楽は変わらなくてもその聴き方がかわったり、
同じ食事でも、照度やテーブルの質感、視界の抜け方で食事の楽しみ方が変わってくるはずです。
そうした、人の心理をも左右する全体感、そして内面的なものまでを変えて行くことが、
私に求められてるリノベーションだと思っております。

HPでもネイチャーデコールのリノベーションのご紹介を少しだけしております。

みなさま是非! 















 

「台湾ブランチ いよいよ始動します」

大浦比呂志事務所の台湾ブランチ
「レディース&ジェントルマン」が、
11月からいよいよ動き始めました。

このプロジェクトは、台湾の住空間やショップなどへ日本のきめ細かく斬新なデザインと技術、生活提案を紹介し具現化していこう、という考えのもと、そこに白羽の矢が立ったのが、ネイチャーデコールのデザインでした。

そしてその拠点となる、オフィスでありショールームスペースを今回はじめにデザインしてきました。

エントランスの重厚なドアを開くと、
スペースの中心には、間接照明でフロアから60センチ程上がったBARカウンター
スペース。





スチールパーテーションで仕切られたオフィススペース。
まだガラーンとしています。





グリーンにエージングされたハンガードアを開くとオフィスに隣接されたプレゼンテーションルーム。

いつもネイチャーデコールで使っている様々な素材がサンプルとして使われています。




BARの前は打合せと展示スペース。

家具なども日本でやっていることを、
出来るだけ忠実にこちらで表現しました。
「MIND MAP」はプロモーションツール
として大活躍しています。




BARの左は回転式のスチールパーテーションで仕切られたソファコーナー。
この家具コーディネートは、日本からの
もう一人のこのプロジェクトメンバー、
「パシフィックファニチャーサービス」
のものです。

天井までの背の高いライブラリーには、
これから沢山のデザイン関連資料が
並びます。






お披露目の当日は、新聞社、雑誌、ブロガーなど様々なメディアにとりあげて頂き、大手新聞には大きな紙面で紹介され、そしてなんと翌日にはその紙面を見たテレビ局の撮影があり、お昼の情報コーナーで紹介されました。

台湾はホント日本ブームなんですね。




最後の晩は台湾側スタッフと今後にむけて、全員で懇親会。

若いパワーに溢れた良いメンバーが集まってきました。

さ〜 新天地で今までのスタイルを、
しっかり発信していくぞーー❗️









「最新雑誌案内!メディア情報」

2014-09-07-14-00-07

この9月は、色々な雑誌でネイチャーデコールの事例を紹介頂いてます。

まずは、お馴染みの「HOME&DECOR」、そして「私のカントリー」






2014-09-07-14-06-07


2014-09-07-14-01-19

2014-09-07-14-01-08

「HOME&DECOR」は雑誌バイザシーがリニューアルした第三弾。
マリン企画から、発売されてます。

築10年を越え、お庭にコンサバトリーを設けた大きな外回りのリノベーション。

ネイチャーデコールの強力パートナー、
外回りは軽井沢のガーデン&ファニチャーズさんが手掛けました。

このスペースで奥様は、アロマテラピーをはじめました。

まさに、ライフスタイルもリノベーションして、生まれ変わった事例です。

この奥様は、我が家のアロマテラピー教室に来て頂いていた方で、
今度はいよいよ、ご自分で教室を開設。
サロンの名前は、「ラ ローム ドゥ ボヌール」

そんな人の繋がりやご縁はありがたいですね。





2014-09-07-14-06-27

2014-09-07-14-02-03

2014-09-07-14-02-20

次は「私のカントリー」
主婦と生活社からの発売です。

目の前の大きな公園を借景にした、
開放的で緑に溢れる家です。

経年変化が良い味わいとなり、
丁寧な暮らしぶりが伺えます。

こうして、築年数の経過した家を見ると
やはり家は、建ててからが大切で、
そこに暮らし育み、生きた血を通わせて、「住まい」
となり、それぞれに個性的で素敵な表情が生まれてくるものなんだな〜と。

そんな風に暮らされてる家のオーナーさんは、皆さん生き生きとして、
綺麗です。




「ファッション誌で事例が紹介されました」

ファッション誌
光文社「STORY」10月号

新しい事例が紹介されました。

2014-08-30-18-24-07

2014-08-30-18-27-10

2014-08-30-18-27-22

テーマは「アウトドアダイニング」

ポーチの下でくつろぐ、
ご家族の心地よい時間が流れてます。







2014-08-31-09-55-49

光文社「STORY」の妹分「VERY」で
人気のインテリア連載が一冊になった、
ムック本「日曜日の風景」も、
早くも5刷りで、発売中です。

その中に、ネイチャーデコールの家が、
4軒 紹介されてます。

是非、ご覧くださいませ。











「実例が掲載されてます!」

扶桑社「住まいの設計」MOOK本に、
実例が掲載されてます。

2014-08-28-09-36-09


「MIND MAP 一年目」



はじめての自分の本「MIND MAP」が 発刊され一年が経ちました。
コアな本の為、爆発的に売れている訳では決してありませんが、
ジワジワと同じ感性の人達に手に取って頂いてます。

画像1

きっかけはフリーの時代からちょうど25年、そんなタイミングでした。










画像1

コンテンツはこんな感じ。

ありそうで無かった切り口の家創り読本。

ズバリ、「人生を楽しむ為の家の本」です!












画像1

是非、ご覧になって下さい。

「MIND MAP 大浦比呂志を知るための本」 マリン企画
Amazonからご購入いただけます










 

「実例がいっぱい!」

雑誌「VERY」で人気のインテリアの連載
「日曜日の風景」が、ムック本となって
6月21日に発売となります。
画像1


ここで、なんとネイチャーデコールの事例が4軒も紹介されてます。







画像1

画像1

画像1

画像1

それぞれ、STYLEの異なる事例で、
どれも見所満載です。

本のテーマが「住み手の個性が感じられる家」。まさにそのテーマ通りのバリエーションのある暮らしぶりは、どこも素敵です。

是非、手にとってご覧下さい!







「ファッション誌で事例が紹介されました」

画像1

ファッション誌「VERY 4月号」
時々取材頂いてる、「日曜日の風景」というコーナーで新しい事例が紹介されました。





画像1

画像1

画像1


日曜日の何気ない家族の光景を家と共に紹介しているコーナーですが、
「家族が繋がっていられる癒しの家」

心から楽しんでつくった家と、家創りのプロセスがオーナーさんの言葉で綴られています。

細かなフェイバリットコレクションも色々

是非、ご覧下さい。







画像1

画像1

画像1

画像1

そして今発売中の「住まいの設計」では、
自邸が紹介されてます。

ビリーもニコルも大活躍‼︎








「雑誌で事例が紹介されました」

画像1

ネイチャーデコールの実例が雑誌で紹介されました。

「住まいの設計 3.4月号」扶桑社から。




画像1

画像1

今回のテーマは「小さなお店のある家」

公園の借景を取り込んだ、カフェ併設の二世帯住宅が、8ページに渡り紹介されてます。

見所満載のお宅。
是非、ご覧になって下さい!

「独立25年目にして本が出ました!」

画像1

大浦比呂志の本「MIND MAP」
独立25年目にして、今年の5/15にマリン企画社から発売以来、勿論、爆発的に売れている訳ではありませんが…(笑)
ジワジワと好きな方に手にとって頂き、
温かい評価を頂いております。

画像1

日常の大切なものや生活の一部をイラストで綴ってみたり、

画像1

自分の指針となってきた12の言葉を、サーファーであり写真家の、芝田満之さんとのコラボレーション

画像1

勿論、事例の数々をご紹介

画像1

自身の考え方やそのルーツなど、
一般的な作品集とは少し目先を変え、
タイトルの通り「MIND MAP」
思考の原点になる内側を掘り下げた、
そんな内容の本です。

まだご覧になっていない方は、是非!

Amazonでお買い求め頂けます。
プロフィール

大浦比呂志

数々の有名デザイン事務所で店舗デザイン、個人住宅建築、インテリアデザインなどに幅広く携わる。
1994年にネイチャーデコール(大浦比呂志創作デザイン研究所)を設立。
「人にやさしい 自然体の暮らし」というコンセプトをもとに、
独自のテイストで注文住宅を数多く手掛ける。
「自分らしく、自然 体でいられる豊かな生活」「五感に訴える空間づくり」を提案。

ギャラリー
  • 「インテリアも整い、竣工撮影!」
  • 「インテリアも整い、竣工撮影!」
  • 「インテリアも整い、竣工撮影!」
  • 「インテリアも整い、竣工撮影!」
  • 「インテリアも整い、竣工撮影!」
  • 「インテリアも整い、竣工撮影!」
  • 「インテリアも整い、竣工撮影!」
  • 「インテリアも整い、竣工撮影!」
  • 「インテリアも整い、竣工撮影!」