Don't think. F E E L ! 大浦比呂志の五感で感じる暮らし

ネイチャーデコール主宰 建築デザイナー大浦比呂志のこだわりの世界観を、建築、インテリアの事例やライフスタイルにスポットをあてながら紹介して参ります。

マテリアル

「エージングWORKS」

「エージングペイント」
ネイチャーデコールの家では、よく行われるペイント。
時間が経過した使い込んだ感を、いかに
自然に見えるように仕上げていくかがポイント。
建築の一般塗装とはまた違う特殊技能で、どちらかというと陰影を表現する絵の様な、絵心やセンスが要求される仕事です。
そういった専門職種の手作業を家作りの現場に参加してもらいながら、オリジナルなモノ作りをしていきます。

エージングWORKSといっても、幅広い表現がありますが、今回は今 進めている現場で仕上げている、「白のエージング」の表現について。




実際に建具の部分サンプルを作ってもらった、エージングの見本。
全体はマットなホワイトペイントで、
コーナーに汚れを重ねて陰影を出しています。

この陰影の強弱で印象が変わってきます。






これは、光沢を出したペンキを塗り重ねてコッテリとしたペンキの肉厚感を出したもの。
コーナー部分は使い込んで、ペイントが剥がれた感じで、下に塗った色が見えているイメージ。
塗り重ねた表情はあえて、刷毛跡を残すようにラフに見せ、
自分で何回もリペアしてきた感じを出してます。







天井に回る面材でエージングサンプルを作ったもの。
光沢を出したものと、マットな艶消しの
もので表情を比べてみました。






表情のある古材の上から、エージングしたもの。
新しい木では出せない古材の持ち味を、
さらにエージングでペイントをする事で、引き立てています。





ペイントよりも木の素地を生かし、
かすれた様に、木に残った白がシャビーな感じを出していきます。

ここに紹介したのは、白で表現したエージングのごく一部ですが、
白を使ったものだけでも、まだまだ色々な仕上げ方、魅せ方があります。


「エージングペイント 」
それは、単なる仕上げでは無く、
時間の経過と共に、
ストーリーが生み出される、
そんな技法でもあります。























「アクセントウォールはブリックパターン貼り」

テレビの設置されるアクセントウォールに、ブリックタイルのパターン貼りで
演出しました。

完成まであと少しの「横須賀 秋谷の家」。

三種のブリックタイルを組み合わせた、
ランダムなパターン貼りです。







全景はこんな感じ。

間接照明をあちこちに仕込み、
立体感のある、アクセントウォールになりました。

壁に厚みを持たせ、右側にはスライド棚が設置され、本やCDを収納出来る様にもなってます。

ヘリンボーンの床とも良いバランスがとれてますね。





ブリックを貼りあげた上から、
薄っすらと「白」の水性塗料をのせる事で、柔らかい、シャビー感が出てきます。



ラフな白板貼りの勾配天井にはトップライト、間接照明で立体感をもたせた、ブリックタイルパターンの壁、オークのヘリンボーンの床。

なかなかインパクトのあるコーナーとなりました〜













「セニピエールで天板を仕上げました」

洗面台の天板を決めていく場合、
タイルだったり人工大理石、または石や木など色々と選択肢はありますが、
今回使用したのは、これ!

フランスの素材「セニピエール」

鏝を使い、最後に蜜ろうワックスでムラ感を加減できる素材なので、
人工的になり過ぎず、人の手跡を感じられる素材として、個人的にはとても好きな素材の一つです。






今回の現場では、この洗面台以外にも、
造作家具のドレッサーの天板にも、
使用しております。

石灰石、粉末セメント、粉末大理石等が主成分の素材のため、どうしても若干のクラックがおきやすい材料ではありますが、この表情は人工大理石などでは味わえないものです。

硬化するとかなり硬く丈夫ですので、
油を使用したりしない場所での、天板などにも良いマテリアルです。
油染みなどあまり気にしない、という方であれば、キッチンの天板に使用しても、なかなか素敵だと思います。
最後に蜜ろうワックスでコーティングして仕上げていくので、油染みもそのまま放置しなければ、ある程度の使用には耐えられるでしょう。














「地層壁(版築壁)の完成!」

今 進行中の「横須賀 秋谷の家」で試みた地層壁(版築壁)が遂に完成!

この仕上げは、初めての試みでもあり、
手間と予算が掛かる…そんな仕上げです。

実際の施工期間は4日〜5日。
この間は、他の工事を入れずに、
版築壁の施工だけにしました。

現場でのサンプル再確認から仕上がりまでの工程を簡単に紹介します。

実際の仕上がりとサンプルボード。


伝統的に行われてきた「版築」とは

1、まず柱を立て、板などを使い型枠をつくる。

2、次に板で挟まれたところに土をいれる。
小石や砂利、藁(わら)や粘土を混ぜて丈夫にする。
一層は10㎝より低くするほうがより丈夫になる。

3、たたき棒などで固く突き固める。
厚みがある場合は人力で踏み固めることもある。

4、板の高さいっぱいまで固めたら
板を継ぎ足すか、板をはずして次の型枠をつくる。

 (以上 「なには漆喰講座」 より)

といった工程で行われてきたものを、
今回の施工は「塗り版築」といって、
一般の壁の上からでも施工を可能にした、
左官で薄塗りしてその表情に近づける
「版築壁風」の仕上げです。










事前に色は決めていましたが、再度現場にて、色とパターンそしてテクスチャーをボードの上で打合せ〜調整をしながら
決めていきます。








サンプルボードで方向性を決め、
そして、実際に塗り始めてもらいます。

今回は、そのボリュームも大きいので、
広い面を通してどう見えてくるか、
全体的なバランスを見ながら、現場で確認していきます。

約10センチ〜20センチの
層の重なる部分は、この様にその都度
ライン養生をしながら、塗り重ねていきます。








そして仕上がりの感じはこんな様子。

まだ、完全に乾ききってない状態ですが、色はもっと薄くなってきます。

色の微妙な違い、砂利の大小の組み合わせ、砂や土の配合、層の大きさとうねり
これらが相まって、地層の様な表情が
感じられます。

この版築壁は一階から二階の階段室の
壁に仕上げたものですが、
やはりこのような大きな面で仕上げていく事で、より効果的です

手間と時間、そして費用を掛けた、
存在感とオリジナリティーの感じられる、とても印象深い仕上がりになりました。






「まさに 左官壁の競演」

こんな現場ははじめてです。。

なにがはじめてかというと、
ひとつの現場に別々の左官&モルタル造形の業者さんがなんと4社入っています。

お互いにやりにくいのでしょうが、
無理を言って今回はこの様なケースになってしまいました。

特色のある左官の表現を出していく為、
個々に専門の仕上げを得意とする業者さんにお願いすることとなりました。


1.はじめの左官業者
これは、ベースとなる珪藻土の仕上げを担当してもらう、メインの建築側の左官屋さんです。
おなじみの、ネイチャーデコール標準仕様のテクスチャーを仕上げてもらいます。






2.モヤモヤっとした壁の業者
外壁全体を実に微妙な感じで、
この様にモヤモヤっと仕上げてもらいます。エージングではなく、わざとらしくなりすぎない感じのこの自然なモヤモヤ壁。

色見本がある訳でもなく、小さなサンプルからは到底イメージなど出来ず、、
仕上がりの正解は無いので、これはほとんど主観的な感覚がゴールになります。






3.擬石のモルタル造形WORKS
以前にもこのブログで紹介した、
リアルな石積みを再現した、アートワークスによる擬石のモルタル造形です。

この業者は確実にこちらの意図するイメージを再現してくれるので安心です。





4.地層壁
下の階段部分に上の画像のイメージで地層を再現した壁面を製作します。
これは今回はじめての試みなので、サンプル作りからイメージの伝達、微妙なニュアンスを伝えていくのになかなか苦労しています。そろそろ施工に入りますので、その様子はまたお知らせしますね。


こんな訳で、まさに左官屋さんのセッションの様な、現場。

左官屋さんが4社入るって、いゃ〜本当に熱い現場。

我ながら、ここまで仕事を複雑にしなくても…  とは思うのですが、、
それが「世界にひとつだけの家」
完成が楽しみです。



職人の技と魂が現場に宿っていく、
そんな感じです。








「カラフルメキシカンタイル」

久々に使用した、カラフルなメキシカンタイルの施工事例です。

いびつで、独特なカラーリング、懐かしさもあるこのタイルは
やはり、とっても愛らしい ヤツです。


1.キッチンとアイランドカウンターでの使用。
1-1

JPG

JPG

JPG











2.洗面所での使用
2-1

2-2

JPG
シンクも、タイルの絵柄に合わせてセレクト出来ます。

コーナーの竹タイルが、昔っぽい。










3.パウダールームでの使用
JPG

JPG
 メキシカンタイルの赤みと合わせるように、
パウダールームの壁をメキシカンなオレンジで華やかに可愛らしく。

巾木も同じ色のブルーでまわしています。








 

「ブリックを決める」

ネイチャーデコールの家にはよく、アクセントウォールにブリックを使用します。

今回はそのブリックを選定していくまでのプロセスを簡単に紹介します。

ブリックといってもその種類は多種多様にあります。

はじめに、その家全体のインテリアイメージに合わせたものを、
数ある中から方向性のしぼり込みをおこなっていきます。

今回はどちらかというと、赤系や白系のブリックではなく、
グレーや黒に振られたカラー がインテリアに求められていましたので、
まずは、カラーのしぼり込みを中心に以下のブリックを選定。 

写真 5

写真 4
色の方向性が一緒でも、並べたときの印象が随分異なりますね。

色も濃い〜薄いでかなり巾がありますので、
一枚だけを見ていても分かり難いので、
メーカーさんに依頼してこのように一部貼りあげたサンプルボードを
依頼して検討しています。










◯今回セレクトしたもの タイプ.1
写真 1
これは、オランダタイプのブリックで、細く形も不揃いで、
とても、アンティーク感のある仕上がりになっていきます。

細いブリックで、あえて目地を広くとって仕上げていくと、
より、この素材の良さが引き出せるでしょう。








 ◯今回セレクトしたもの タイプ.2
 写真 2
タイプ.1に比べてブリック自体の形状はスタンダードな物になります。

全体的に薄グレーの色味で、クラシカルな印象に仕上がります。

目地も広めに取り、ブリックの表面にかぶさるように入れていくのが
ポイントです。一般的な目地の納め方としては、ブリックよりも
少し抑えていれていきますが、ラフさ古びた感を出すために、
ここをあえてかぶせるように意識して仕上げていきます。








◯今回セレクトしたもの タイプ.3
写真 3
これは、タイプ.2と同じ貼り方、目地のバランスですが、
ブリック自体に白い粉をふいたものが含まれているタイプです。

グレー系でも若干、白いものが加わることでまた印象が少し変わります。

タイプ.2もタイプ.3もこの貼り方をイギリス貼りといいます。
小さいサイズのブリックを列を交互に入れていく貼り方です。


アクセントウォールのブリックを計画するのにも、
1.全体のインテリアにあわせたカラーリングを決める。
2.ブリック自体の種類を決める。
3.貼り方のパターンを決める。
4.目地の色を決める。
5.目地の入れ方を指定する。
ざっと、これだけのことを、サンプルボードをつくるうえで検討していきます。
そして、出来上がってきたサンプルボードをオーナーさんにも見てもらいながら
それを、空間にあてはめたときの、全体感を今度は俯瞰して考えていくわけです。

家をつくるうえで、このように決めることがなんて多いことでしょう。

同じ家が絶対に出来ない、ということは
壁ひとつをとっても、このようなプロセスがあるからなんです。






ブリック
5年前に竣工した事例 カウンターバーの背面のブリックウォールです。

上記のプロセスで決めたブリックに対して、
トップライトの自然光や下からの人工的な間接照明を用いて、
昼でも夜でも、ブリックのテクスチャーがより表現出来るような
工夫を加えて、この事例を納めました。
















 

「こんな床材も面白い」

今回はちょっと面白い床材の紹介。

最近は結構「ヘリンボーン」も人気の床パターンのひとつですが、
そのヘリンボーンでこんなタイプのモノを使いました。

 ●事例 1
写真 1
写真 3
写真 2
古材を白くペイントしたヘリンボーン

上の事例は、壁面に同じく白の板を乱貼りしコーディネートしたものです。










 ●事例 2
  写真 5

これは、変則的なパーケット貼り
パーケットの様でもありヘリンボーンの様でもあるパターン。




写真 4

床から壁にかけて同じ変則パーケットで仕上げた事例です。 








 ●事例 3
写真 2
写真 1

これは、900角でパーケットを組んだパターン。








 

「絵柄のメキシカンタイル」

素朴でカラフルな絵柄。
形も基本100角だけど、バラつきがあり
厚さも凸凹。
ポッテリとした温かみのあるタイル。
これが「メキシカンタイル」です。

我が家の自宅、玄関前のベンチでも、
メキシカンタイルでパターンを組んで、
可愛らしいベンチを作りました。

ここ最近、忘れていた素材ですが、
なんか懐かしくなり、サンプルを手にしてみると、やはりなんとも言えない存在感と温かみを感じました。






そんな訳で、今計画中のお宅では、
キッチンや洗面台、階段に至るまで、
色々な箇所に、この絵柄のメキシカンタイルを使用しています。

素材の持つ力って凄いですね〜。

やはり、長い付き合いの出来る奴が、
好きだなー






「研ぎ出しの天板 作りました」

確か昔、小学校のグランドの片隅の水飲み場にあった様な、
レトロで懐かしい感じがします。

研ぎ出し天板の洗面台を作りました。

この洗面台は、天板だけでなく立ち上がりや側面もすべて研ぎ出しで仕上げてます。

これは、現場作業で研ぎ出しを行ったのですが、やはり埃が凄い!
あたり一体が、研ぎ出されたモルタルや石粉で真っ白になってしまうため、しっかりとした現場養生が必要です。

仕上がりはこんな感じで、天板に傷や汚れも気にせず、タフに使える点は良いですね。





「ボーダーレンガ」

暖炉が設置される壁面を、アクセントの
ボーダーレンガで仕上げました。

定形サイズのレンガよりも細めで、
230×30×20のサイズ。
ボーダー状の細いレンガです。


古レンガや、欠けた小さなものを混ぜながら、ランダムに貼りあげます。

目地の幅も広くとり、ベージュのカラー目地を使いました。






コーナーの納まりも、なかなか良い感じ。

存在感を出しながらも、あまり主張し過ぎない素材として、最近お気に入りのマテリアルです。

これにうっすら上から、シャブシャブに薄めた白い塗料を塗るのも、
柔らかい感じが出てまたオススメです。





ネイチャーデコールでは珍しい「和」のバスルーム

今、計画中の「湯河原の家」、いつものサーフポイントに程近い住宅ですが、
そこで、ネイチャーデコールでは珍しい「和」テイストのバスルームを提案しています。

湯河原は昔からの有名な温泉宿が点在している、そんな場所でもあります。 

オーナーの希望もあり、他の空間とは違った趣のあるバスルームにしたい、と言うことで、
パウダールームからバスルームを、落ち着いた和モダンな空間としました。


1

2

今回は、床から浴槽も同じ石で作り上げました。

そして、壁には檜。
いわゆる檜風呂といわれる、檜の良い香りが快適なバスタイムへとしてくれそうです。







3

4
その中でも、今回特にご紹介したいのが、この石。

「伊豆石」という石で、この土地の湯河原から産する石で、
淡い青緑色の石は、温泉などでも良く使用される「十和田石」と、
見た目も、その特性も似ています。

その特性には、以下のものがあげられます。

1.多孔質の石のため、断熱効果と保温性を併せ持っている。
2.水に濡れても滑りにくい。濡れると足がくいつくような滑らかな質感です。
3.カビが苦手なアルカリ性なので防カビ、抗菌機能がある。
4.体を芯から温めてくれる、蓄熱機能がある。
5.水質浄化機能がある。

まさに、お風呂に適したマテリアルであることが分かります。
温泉場などでも度々見かけるのは、こういった効果があるからなんですね。

近くに流れる川のせせらぎを聞きながら、檜の香りに癒され、
こんなモダンな「和」のお風呂も良いですよね〜。

「湯河原温泉」の完成が今から楽しみです。











 

「モロッコ漆喰 タデラクトでカウンターを仕上げました!」

今回は、とても珍しい素材、「モロッコ漆喰 タデラクト」で仕上げたカウンターを紹介します。

このモロッコ漆喰、日本でもこれを施工出来る職人さんが数名しかいない、という特殊なものです。

写真 1
カウンターの全景はこんな感じです。

天板に厚みを75㎜もたせて、素材の存在感を表現してます。

石では表現出来ない、なんとも温かな良い表情で、ネイチャーデコールらしいマテリアルです。




写真 2

写真 3

写真 4

モロッコ漆喰は、もともとはモロッコのマラケシュ地方の伝統的な左官工法で、
表面が硬化して耐水性にも優れた材料です。
漆喰なのに、水回りにも使える!というのも魅力的ですね。

ヨーロッパの方では、流しやお風呂の浴槽などでも使っているようです。

原材料は、「マラケシュ石灰」で鏝ではなく、石を使ってこりこり磨いていきます。
そこで、色ムラと凹凸が味わいとなる、独特な仕上げです。

仕上がりをみると、全体的に硬化して表面はグラスや食器など固いモノを置いても
全く問題無さそうですが、コーナーはデリケートに扱わないとならなそうです。
また、微妙なヘアークラックが出てくるところもあり、簡単に自分で補修もできるのですが、
いわゆる、人工大理石や自然石の強度までは見込めなそうでした。

スカッ!とした精度を求める方には、少し神経を使いますが、
味わいとしての素材感を大切にしたい人にはとても貴重でオススメの良い材料です。



















 

「タイル巾木」

タイルなのに「巾木」というのもおかしなものですが、巾木に使う素材で、
珍しいものを紹介します。

2014-08-27-11-12-57

2014-08-27-11-13-07

ネイチャーデコールの家では、
壁に珪藻土や漆喰などの左官材、
床には、石やタイルなどの素材で
構成することが多いのですが、
それを繋ぐ「巾木」には一般的には、
木製の巾木を使っていきます。
ただ、壁や床のボリューム感から、
木製では、どうしても素材負けしてしまう、ケースもあります。





2014-08-27-11-12-27

2014-08-27-11-12-35

そんな場合のケースとして、
「タイル素材の巾木」を使用することも
あります。

サイズは、L 300. H 75 で、
何パターンかの、レリーフを揃えております。
オーダーで海外から取り寄せるものなので、余裕を持った計画が必要です。

ナチュラルでディテールにグレード感を
持たせて仕上げたい場合のワンポイント
アクセントに是非。






「ガラスモザイクタイル」

今、進行中のピッツェリアのピザ窯を
ガラスモザイクタイルで仕上げてます。

そして、同じモザイクタイルの色を変えて、オーダーで文字を入れてみました。

2014-08-22-10-08-06

2014-08-22-10-08-50


ピッツェリアなので「PIZZA」

これは、まだタイルに目地を入れる前のものです。



2014-08-22-10-08-59

2014-08-22-10-09-17


あらかじめ、デザインをメーカーにオーダーしておくと、こんなことも出来てしまいます。

文字やボーダー柄、色を変えたりと色々な事を楽しめます。

住宅のキッチンなどにあっても、
面白いかも。。





「ヘリンボーン 迫力の貼りあがり」

ヘリンボーン 迫力の貼りあがりです。

逗子 邸宅街の大がかりなリノベーション。

長い廊下と斜めの壁に施工がとても大変でした。

画像1

画像1
画像1


一日に数平米も進まないこのフローリングは、大勢で一斉に施工することが出来ず、
腕の良い大工さんが一人で何日もかけて、
この様に納めてくれました。

キッチンの足元にも、綺麗に施工されてます。






画像1

画像1


今回使用したのは、
w.58. L.406のサイズで巾の狭い、
オーク材を使いました。

フレンチヘリンボーン やはり大きな広い面に施工すると、映えますね。






「シューズボックス 出来上がり!」

画像1

画像1
画像1


先日、パネルが現場に届いた時にお知らせしましたが、それを組み立てシューズボックスがこんな感じで出来上がりました!

様々な古材をパッチワークの様にパネリングしてます。

素材は、オーク、イエローパイン、ダグラスファー、ポンデロッサパインなどの古材のミックスです。

壁面として、成り立つ意匠性を求めました。

オンリーワンのオリジナルが完成!







「ラバ ストーンタイル .2」

以前にもご紹介した、「ラバ ストーンタイル」。
このタイルはネイチャーデコールでも人気のマテリアルのひとつです。

今回はそれを利用して新しい貼り方に
チャレンジしてみました。

画像1

画像1

今までの施工事例では、300角のタイルを
目地無しで突き付けて施工しております。

今回は、それに200角、100角、200×100角
の4種類を組み合わせた、パターン貼りです。

そもそも一枚一枚厚みも大きさも違う
タイルに更にサイズ種類を変えて貼っていく。

これはまさに、タイル職人の技とセンスの
賜物です。






画像1

画像1


よりのディテールはこんな感じ。

勿論、壁に対してどう割つけるかは、
図面でパターン指示してますが、
その絵に忠実に再現していくのは、
とても大変そうでした。

今回は、リビングのアクセントの壁、
約10㎡に施工しましたが、
その存在感をかなり主張してくれてます。










「床 白黒モザイクパターン」

「床 白黒モザイクパターン」 床材をパターン貼りしてアクセントを入れた事例です。
今回は白と黒タイルを使ったものです。


画像1
これは300角の白のPタイルをベースにして、各四隅に100角の黒をアクセントにした、
キッチンの床です。







画像1
上と同じパターンですが、磁気タイルを使った白黒パターンで、
黒のアクセントを50ミリに小さくしたものです。 これは、ダイニングの床です。







画像1

パアウダールームの床で、昔懐かしいレトロな25ミリのタイルを、市松に貼った事例です。









画像1

ネイチャーデコールのオフィスの外部の床パターン。
これも、25ミリのレトロなタイルを使い、白タイルをベースに黒の市松ボーダーを入れています。





白黒パターンの可能性、色々。

「気まぐれ素材 セニピエール」

以前このブログで暖炉まわりを「フランス壁 セニピエール」で施工してる途中経過をお知らせしましたが、こんな感じに出来上がりました。

画像1

画像1

画像1

施工前にサンプルは作るのですが、それはあくまでもイメージの方向性を示すもので、この気まぐれ素材では、その通りピッタリ納まってはくれません。

湿度、気候、を読みながら乾燥時間を計算し、施工者の経験と勘、そしてセンスに委ねる… そうして出来上がる、とっても気まぐれ素材なんです。






画像1

接写では、こんなディテール。

暖炉前の床の一部にも使ってみました。

石積みをイメージさせるこの材料。
仕上がりは、何点くらいでしょうか?

自分では、まずまずの良い状態で仕上がったと思ってもおります。 ^ ^






プロフィール

大浦比呂志

数々の有名デザイン事務所で店舗デザイン、個人住宅建築、インテリアデザインなどに幅広く携わる。
1994年にネイチャーデコール(大浦比呂志創作デザイン研究所)を設立。
「人にやさしい 自然体の暮らし」というコンセプトをもとに、
独自のテイストで注文住宅を数多く手掛ける。
「自分らしく、自然 体でいられる豊かな生活」「五感に訴える空間づくり」を提案。

ギャラリー
  • 「インテリアも整い、竣工撮影!」
  • 「インテリアも整い、竣工撮影!」
  • 「インテリアも整い、竣工撮影!」
  • 「インテリアも整い、竣工撮影!」
  • 「インテリアも整い、竣工撮影!」
  • 「インテリアも整い、竣工撮影!」
  • 「インテリアも整い、竣工撮影!」
  • 「インテリアも整い、竣工撮影!」
  • 「インテリアも整い、竣工撮影!」